質の良い人生を数多く実現する。

 「格差社会」という言葉を耳にする事がよくあります。皆さんは格差社会と聞いた時どの様な格差をイメージするでしょうか。
 「100年人生」という言葉を最近よく耳にしたり目にすることがありますが、これは今後誰でも当たり前に100歳を迎える時代になってきているという事です。

 このように100年人生の到来が当たり前となる時代の中、そのことに対して何も備えることなく時の流れに任せたてただ老後を迎える人と、しっかり老後を見つめ、描き、備えた人とでは、どの様な格差がうまれるのでしょうか?

 ファースト保険企画では、高齢化社会を明るく豊かなものにするために、「経済の格差」と同じように「人生の質の格差」が問題であると考えていきます。

 将来の年老いた自分から「未来の年老いた私を真剣に考えてくれたおかげで、老後をこんなに豊かに迎える事ができました、ホントにありがとう。」と心から感謝をうける事が出来るような人生ではないでしょうか。将来年老いたあなたが、今の自分に心から感謝がしたくなるような時とはどの様な場面でしょうか?

 ファースト保険企画では、社員の皆さんとともに「将来、年老いた自分が今の自分に感謝したくなるような人生。」を多くのお客様と共に実現することを夢見ています。

 

質の良い人生を数多く実現する